七五三撮影はスタジオかロケーションどっちがおすすめか?

七五三 愛知 ロケーション 撮影 川原神社

*七五三撮影をしよう!


お子様の撮影で大事なイベントは七五三だと思います。

普段はなかなかプロに撮影をお願いしないような人でも、
七五三撮影ではプロに頼んで撮影をしてもらう方も多いのではないでしょうか。

この時に出てくる悩みの1つが、
スタジオで撮影をしてもらうかロケーション撮影をしてもらうかだと思います。

スタジオで残すべきかなと思う一方で、御祈祷に行くこともありロケーションも捨てがたい…
そう思う方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、元スタジオフォトグラファーであり、
現在ロケーション撮影を中心として活動している僕がそれぞれの撮影についてご説明致します。


*七五三スタジオ撮影について


  • 定番はスタジオ撮影
    定番で撮影されるのはスタジオでの撮影になります。
    まず七五三撮影をするとなった時にスタジオを調べる方が多いと思います。
    スタジオ撮影でのメリットとデメリットについてご説明していきます。

⚪︎メリット

  1. あまり天候に左右されない。
    スタジオではたとえ自然光が特徴のスタジオだったとしても、
    雨でも写真が撮れるようにライトが組まれているなどの仕組みがあります。
    そのため、雨でも撮影することが可能です。
    ただ、”あまり”と記載したのはどうしても晴れているのと雨ではスタジオとはいえ、
    自然光が特徴のスタジオだったら撮影される写真のクオリティは良くも悪くも変わってくるからです。
  2. スタジオで着付け〜撮影まで全て完結する。
    個人的にはこれは大きなメリットだと思います。
    スタジオには着物の用意が何種類かありまして、
    その場で着付けをしてくださり、着付けが終われば撮影することができます。
    また、スタジオにもよると思いますが着付けが終わったらそこまで待ち時間なく撮影が始まると思いますので、お子様の負担も軽減されると思います。
    一般的にはプロの方に撮影をしてもらう頻度は多いものではないと思うので、着付けと撮影が1箇所で完結するのは分かりやすくていいと思います。
  3. 他の撮影も一緒にできる。
    スタジオのプランにもよると思いますが、着物以外の撮影も一緒に撮ることができることもあります。
    例えば、上のお子様が七五三撮影で下のお子様が1歳の誕生日が近い時には着物+カジュアル撮影という感じで、
    下のお子様の記念も併せて撮るなどもできると思います。
    もちろんスタジオによると思うので、ご検討してるスタジオのプランをしっかりと調べてみてください。
  4. アシスタントがいる。
    これはロケーション撮影でも当てはまる場合もありますが、
    スタジオ撮影の場合はそこのスタジオのスタッフがカメラマンとは別でアシスタントが付いたりします。
    アシスタントは衣装の乱れを直したり、お子様の表情を引き出す役割になるので、
    アシスタントがついていた方がいいお子様もいます。
    もちろん、アシスタントがいなくても平気で撮影ができるお子様もいるので、アシスタントが必要かどうかは自身のお子様次第かなと思います。

⚪︎デメリット

  1. 料金が高い。
    スタジオにもよりますがスタジオは料金が高いです。
    スタジオのシステムは複雑なところもあるため、撮影料金が安くても、
    アルバムなどの商品を買わないと写真を手元に残すことができないというパターンなどもあります。
    撮影料金が安くてもアルバム代が高いので結果的に料金が高いスタジオが多いです。
    もちろん、一概にはいえないので色々調べてみてください。

  2. 時間制限がある。
    スタジオは予約がびっしりと詰まっています。
    次のお客様の撮影のことがあるので状況によっては撮影を急かされたり、
    撮影の始まりが押すことがあります。

  3. カメラマンの技術が不明確。
    スタジオのカメラマンの業界は人の入れ替わりが非常に多いのが現状です。
    そのため、経験が少ないカメラマンが自分の担当になる可能性があります。
    それでもスタジオはたとえカメラマンに技術がなくてもある程度品質が保たれるように設計されているので、極端に質が下がることはあまりないかもしれませんが、それは求めているものが”スタジオのインテリアがおしゃれ”の場合はいいかなと思います。

    もしも写真に求めているものが光の綺麗さだったり、背景に囚われずに写真が綺麗だったりする場合は、写真自体の技術力が高くないと中々撮れない写真になってくるので、”写真がおしゃれ”出ないとカメラマンによっては求めている写真を撮ってくれない場合もあります。

    なので、スタジオで写真を残そうと考えている方は、初めてそのスタジオに行く方でもHPや知り合いの情報から可能であればカメラマンは指名をすることをおすすめします。

*七五三ロケーション撮影について


  • 思い出にこだわるならロケーション撮影
    ロケーション撮影は好きな場所で撮影することができます。
    そのため、思い出の地で写真を撮るなどをすれば、思い出がより鮮明に残ると思います。
    将来写真を見返したときに、スタジオであるともしかしたら無くなってしまっているスタジオもあるかもしれません。

    ただ、ロケーションであれば将来なくなっている確率も減るため、自身のお子様が大きくなった時にもその地を訪れて思い出に浸ることができるかなと思います。
    そんなロケーション撮影のメリット・デメリットについてご説明していきます。

⚪︎メリット

  1. 自然光の綺麗な写真が撮影できる。
    写真はスタジオなどの室内でも撮影はできます。室内でもライトを使ったりして明るく撮影をすることはできます。しかし、自然光の綺麗さには勝てません。太陽の光が生み出すキラキラとした明るい光や、木漏れ日の光はとても綺麗です。

  2. 思い出の地で撮影できる。
    なんといってもお好きな地で撮影できるのがロケーション撮影です。上記にも記載しましたが、ロケーション撮影は思い出の場所で撮影できるのが大きなメリットになります。撮影するのが家の近くの神社でもいいと思いますし、どこか県内の有名な神社でもいいと思います。ゆくゆくお子様が写真を見返した時に、撮影した神社がお子様にとっての大事な思い出の地になるかもしれません。

  3. のびのびとした姿が撮影できる。
    どうしてもお子様はいつもの違うところに行くと緊張してしまいます。
    それはスタジオでも同じことがいえます。スタジオの独特な雰囲気にもしかしたら慣れにくいというお子様もいらっしゃるかもしれません。その分、外だと神社といういつもとは違う場所とはいえ外に空気を吸ってのびのびといつも通りの姿になりやすいと思います。

  4. 流行り廃りがない。
    スタジオは良い意味でも流行りのものを取り入れてスタジオを作っています。スタジオにもよりますが、最近のスタジオだと流行りのものを入れるために和の雰囲気は無くしてスタジオを作っています。
    着物もそれに合わせてモダンなアレンジの多いスタイルが多くなっています。もちろん、中には和のインテリアがあったり、古典の着物を用意しているスタジオもございますが、基本的には流行りに合わせて変化しているスタジオが大半です。
    一方、神社でのロケーション撮影の場合、流行り廃りがないので将来見返した時にも流行の違和感を感じることなく楽しむことができます。

  5. お金が安い。
    ロケーションカメラマンはスタジオで撮影するのと比べると少し安価に撮影をすることができます。
    Lovegraphなどの派遣カメラマンサイトにお願いする場合は、少し手数料が発生するので値段は上がりますが、それでもスタジオにお願いする場合よりは安価になります。また、派遣カメラマンサイトに登録していない個人のカメラマンにお願いするる場合は、ピンキリにはなりますが相場よりもかなり安く撮影することが可能な場合もございます。
    ただ、現在そのような出張カメラマンがとても増えているため、中にはカメラを始めたばかりのような人でも出張カメラマンを名乗ってお金を貰っている人もいるので、ちゃんと写真の質は確かなのか見極める力は必要になります。

    七五三のロケーション撮影はただのロケーション撮影とは異なる腕が必要になる場合もあるので、しっかりと七五三撮影に精通したカメラマンにお願いするのをお勧めします。

⚪︎デメリット

  1. 天候に大きく左右される。
    どうしてもロケーション撮影は天候に左右されてしまいます。
    晴れていなくても写真は撮ることができますが、どうしてもクオリティに差が生じてしまいます。
    こればかりはどうしようもないのですが、ロケーション撮影のデメリットになります。
  2. 人の写り込みがある。
    どうしてもロケーション撮影は人の写り込みがあります。なるべく人が写らないように配慮しながら撮影はしますが、七五三のシーズンに撮影をおこなったり、祈祷終了後に撮影をするなど人が密集する時に撮影をするとどうしても人が背景に写らずに撮影をするのが難しくなります。なるべく人混みを写らないようにするには、早い時間帯に撮影をおこなうことや、土日祝を避けて撮影日を選ぶようにして撮影をおこないましょう。
  3. 着物の準備も自身でする必要がある。
    ロケーションでカメラマンにお願いする場合、着物まで持っているカメラマンはあまりいないと思います。ロケーションカメラマンは基本的に、現地で集合して撮影のみにして解散という流れになります。なので、どこかで事前に着付けをして現地に集合ということになります。そのため、スタジオで撮影するよりも少し手間がかかるという点があります。

*余裕があれば両方撮影するのがおすすめ!!


スタジオ撮影とロケーション撮影は七五三においては残す写真の意味合いが違ってきます。

スタジオ撮影は着物の姿をしっかりと残すことに意味があります。外だと当日は御祈祷などでバタバタしてしまう場合もあるので、事前や事後に写真は別で時間をかけて撮るという意味合いで撮影をお勧めしています。

一方、ロケーション撮影は御祈祷当日の姿をスナップのような感じで撮影される方が多いです。そのため、ポーズを撮るというよりも、ありのままの参拝している姿を撮影してほしいという方も多くいらっしゃいます。

もちろん、ロケーション撮影の際に記念写真もまとめて撮影したいという方もいらっしゃるので、七五三の記念としてポーズの写真などを撮影するという方も多くいます。そういった撮影も可能ではありますがどうしても当日時間がかかってしまいお子様への負担が大きくなってしまったり、カメラマンによってはスナップのような撮影スタイルでしか撮れないというカメラマンもいるので、しっかりと事前にカメラマンにご相談することが大事になります。


*カメラマンは必ず指名する!!


スタジオ撮影の場合でも、ロケーション撮影の場合でも、カメラマンは必ず指名することをお勧めします。
カメラマンは技術職です。いくら有名なスタジオや派遣カメラマンサイトに頼んだとしても、当日担当してくれるカメラマンが優秀とは限りません。

そのカメラマンのポートフォリオを見て、自分が好きな写真を撮っているカメラマンを見つけてその人のことを指名してください。これは必ずお勧めします。


いかがでしたか?

七五三はお子様のイベントの中でとても大切な記念になります。

その記念を台無しにしないためにも、どういう風に写真を残すかはぜひしっかりとご検討してみてください。


お問い合わせ バナー ご予約

関連記事

  1. 塩竈神社 お宮参り 七五三 撮影
  2. 伊奴神社 753 七五三
  3. 愛知 名古屋 七五三 お宮参り 成海神社 神社 撮影 出張撮影 ロケーションフォト
  4. 名古屋市政資料館 前撮り ウエディング ロケーション撮影 フォトウエディング
  5. 川原神社 七五三 お宮参り 名古屋 愛知

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP